« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

ドフラミンゴ

ドフラミンゴ
昨日もう一度元Gの撮影。
朝の撮影のほうが光が白くていいかんじだ。
これからは朝やろう。

声は誰にしようか。

***

先日妙深寺のご信者さんで映像関係のお仕事をされているかたのお話を伺って
作りやすい手順を教わった。
声は最後だそうだ。
で、誰にしようか。

***

今夜は仮にいろいろつくって、日曜日朝イチでデモ版を出せるように。
開導会はもうすぐだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今生の思い出に

今生の思い出に
今生の思い出に。

***

いまこうしてさせていただいているご奉公は、
きっと一生の思い出になるんだとおもう。
思い出というか、宝だ。

というお話をしみじみしながら彰勲師とご奉公させていただく。
私はこの青年会でのご奉公を
おばあちゃんになっても宝物にするんだろう。

***

元Gの体験談撮影をさせていただく。
元Gも青年会時代たくさんご利益をいただいて、不思議なことを目の当たりにしてきたそうだ。
それを宝物のように話してくれる。
借りている手書きの体験談の文章も、きっと元Gにとっては宝物だ。
大切に保管してお返ししなきゃだ。
緊張緊張。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

不老

不老
カピバラ飼いたい。

***

とりあえず今週は計画どおりだ。
細かい部分で取りこぼしはあるものの、
ざっくりとは希望どうり。
自力じゃどうにもならない部分をご宝前が力を貸してくださっている、そう思わずにはいられない雰囲気の毎日です。

朝の奉呈当番で、「起きれないくらいなら尊前にいかせていただけばいんじゃん」と意味不明な勢いをつけてみたり、
「今日ここまで進めるには徹夜いっときますか」とまた意味不明な勢いつけたりと
久々に若いノリで飛ばしております。
こんなことできるのも一生のうちきっと今年までくらいだろう。
なら完全燃焼したいと思うのです。

***

ニャオヤがチャカヨちゃんに体験談発表をおすすめしてくれました。
本人は言わなかったけど、
お姉さんいわく、かなり頑張って体験談発表がどれほど有り難く功徳がつめるかを良く教えておすすめしてくれたそうです。
ありがたい。

***

顔色の悪いのは、ノリや勢いではどうにもならないなと痛感。
やはり歳か。
そうだ、こんなときこそ不思議なあのお水だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚の目

魚の目
私の会社じゃありません。

***

お会式の体験談。
元Gの体験談である。
ついに登場である。

手書きの体験談をお借りしてナレーション台本に起こした。
元Gはいまはおじいさんだけど、当たり前だけど若かりしときもあったわけで、
その若いときにどんな人だったのかがチラリと見えた。
今もだけど昔も優しいひとだったんだな、と。


***

ゆかにお助行に来ていただいた。
あーちゃんと。
いつもいつも有難い。
お助行からいろいろ調子がいい。
ご奉公も日常信行も。
気持ちの面でも、いろいろクリアだ。
お助行はすごい。

***

今日は清雄寺へ行く予定。
青少年の一座の体験談発表者と2度目のMTGだ。
体験談も読み込んだし、ナレーション台本にも落とし込んだし、準備はできた。
***

あとは足の魚の目か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松ちゃん先輩

松ちゃん先輩
先日研信会の親睦会にお邪魔したときの写真。

皆さん仲良しで楽しい雰囲気。

***

ここへむかう途中で、私が19歳の頃勤めていた会社(100本口唱させていただきご利益で入らせていただいた会社。そこで現在の主人と出会う)の先輩とばったり会った。

経理は私とその松ちゃん先輩の二人きりで、未経験の私は全て教えてもらった。
おなじ玉っこ(埼玉っこ)で趣味とかもすごく合って
大好きな先輩だった。
で、仲良しだったしお寺の話も結構たくさんしていて、
当時の青年会の楽しかった話とか、大概は松ちゃん先輩に話していた。
松ちゃん先輩はその日たまたまスイカの残高が足りなくてJR大塚から地下鉄の新大塚まで歩いていたそうで
というかその道は初めて歩くそうだ。
私は、なんとなくすれ違った瞬間に「あら?」っと思って、
思わず「松ちゃん先輩?」と声をかけることができて、
本当に巡り逢わせていただいた!っといった感じ。
なんだか嬉しくて涙がでてきた。

松ちゃん先輩は全然変わっていなかった。

で、今お寺の人たちとかっちゃんが食事をしているからそこへ向かう、と話すと
松ちゃん先輩は「またお寺の人なのね〜」と笑っていました。
で、そこを曲がったらすぐお寺ですから、今度寄ってくださいね。ペットが死んだら来てください!と言いました。
松ちゃん先輩は「お寺用事ないから。ペット飼ってないから。笑」
と言ってお互い別れました。

松ちゃん先輩お教化したいな。

***

体がきしむ感じ。
台風の季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お尻

お尻
ゴリラのお尻。

***

先日Bブロックのクラッシャーのお講でした。
体験談もクラッシャーに発表いただきました。
体験談は忘れないうちに書いていただいて、ご披露いただいたほうがいいなと思っていて、
クラッシャーにも忙しいなか書いていただきました。
お講師へご確認いただくのがすごく遅くなってしまい、
申し訳ございませんでした。

***

お講へは幹事長が熱心に奨引されたチャカイくんの弟、悠ちゃんと
マリ子が奨引された宗外者のチャワノさんがお参詣されて
嬉しいお講になりました。
しかもマリ子の5班は今月全員参詣!すばらしい。

***

来期のこととか、青年会の御奉公のこととか、
みんなで力をあわせていかなきゃ乗り越えられないたくさんのことがあるかもしれません。
幹事長と時々いろんな話をしますが、
私が携わらせていただける御奉公をまずさせていただきたいと思います。

***

あけみちゃんが自分から話しかけてくれて、
もぅ、超嬉しかったわけです。
カバの話だったけど。

これはあれか。
ツンデレか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミナミコアリクイ

動物園で今回一番楽しかった動物はミナミオオアリクイでした。

ずーーーっと同じ所をぐるぐるまわっていた。かわいかった。数年前にサンシャイン水族館のミナミオオアリクイのタエちゃんが脱走してしまった事件からファンである。脱走って・・・。自分でドアを開けたんだろうか。サンシャイン水族館だからサンシャインビルの中をうろうろしたり、エレベーターに乗ったんだろうか。結局捕獲されたそうです。池袋駅まで行けば良かったのに。

***

今日はボノの誕生日。おめでとうございます。

***

今日はGackt会とクモッス会議でした。

ホワイトさんに「これやりたいんすよ」というと大概は「たぶん出来ると思いますよ」と言う。言ってみるもんだ。とりあえず何でも言ってみようと思います。

ということでがんがん進んでいます。

モバイルの方はふーみんが高速で更新してくれてます。

トップページは開導会目処でレイアウトを変えると言うことでホワイトさんが音速で対応してくれています。

青少年の一座HBS東京シンポジウムとのコラボの件は彰行師が光速で作ってくださっています。カミングスーンである。

ありがとうございます。

***

青少年の一座でまた急速に動きがあった。具体的にどうしたらいいのかが全然読めなくて不安。なにを作ればいいんだ。なにを提出したらいいんだ。

彰勲師がフィリピンからかえられたら早速相談に乗っていただかなくては。ご指示を頂かなくてはどうしたらいいか・・・。

***

あと半年弱で青年会役員改正である。みんなの任期が切れます。

手前には青少年の一座HBS東京シンポジウムや熊本団参があるが、11月末のことも考えておかなくては。ツボさまとトモkingと私は卒業である。青年会に恩返しは出来たのだろうか(自分たち)。青年会がこれからも活発で、それによって多くの若者たちが本門佛立宗のご信心に出会うチャンスをつかんで、ご信心で救われて、周りの方たちを救うお手伝いが出来る人になるように。自分たちがあと半年で何が残せるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの日

子どもの日
子どもの日に乗泉寺で幹事会議がありました。

今回の会議はいくつか提案させていただくものがあって
彰勲師にいろいろと助けていただいたお陰でどしどし提案できました。
ありがとうございました。

それからカッチャンにイラレでデータ作ってもらいました。
ありがとうございました。


***

そのあと横浜妙深寺さんのお講師とご信者さんと、彰勲師と私で映像関係の打ち合わせをさせていただきました。
私は妙深寺さんのお講師が作られる映像の個人的なファンで、
ついに御奉公をご一緒させていただけるということですごく嬉しかったです。
それより緊張しましたが。

そしてご信者さんは映像のお仕事をされているかたで
すごく親身になって聞いていただきました。
ポツリポツリとおっしゃる言葉が
「すごい!」って感じです。
勉強になる。

今後の御奉公に活かせるように吸収せねば!


***

とにかくギュンギュンな一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク
ゴールデンウィークらしいことを何一つできなくて
咳が止まらなくて寝込んだり、
パソコンに向かって一日過ごしたり、
時々御奉公で会議に行かせていただくお陰で外出できたり
それでもインドアなウィークだったのですが、
カッチャンとゆっくり美味しいものでも食べに行きたいな…
と思い、久しぶりにケーキを食べに行きました。

私は手前のピンクのケーキ。
イチゴが好き、でもチョコも好き!というワガママを叶える逸品です。
そしてカッチャンがパンナコッタ。

美味しくいただきました。


***

そのあと、ドイト花ノ木へ向かい、念願だった観葉植物を2つ飼いました。

この写真はまた後で。

***

会社のみんながへんな咳をしていて
まんまと私も感染してしまったんですが、
咳で眠れない夜を過ごしていました。
この日は私がだいじくんのお宅にお供水を届けさせていただく御奉公の日だったのですが、
結局カッチャンに運転してもらって、
車で目が覚めたらだいじくん家に到着、
といった状態でした。
これじゃ私の御奉公じゃなくてカッチャンの御奉公だなと反省。
カッチャンは功徳を積めたのかもしれないけれど、
私は積めてないなと後悔。
だいじくんのお宅の前でピンポンを押す前に少し長めにお題目をお唱えさせていただきました。
だいじくんがお助行を受けられますように。
早く元気になって仕事へ復帰できますように。
また一緒に御奉公できますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


4月について

***

プロジェクトの会議に参加。
直哉のメモがすごく真面目でぐっときた。

弘通局の皆さんとの会議。
少しずつ緊張がとけてきた気がします(自分)。
会議は時間が限られているので、弘通局と関係する部分のみをきちんと分けて考えをまとめてお話せねば。
これもまた勉強だ。

シンクタンク。

ついにヨウコ姉さんが出席してくれた。

いろんな意味で社会の人の気持ちも分かりつつ、佛立宗の信者として現在を生きているトップランナーである。姉さんの意見を聞きたかったし、一緒にご奉公させていただけるチャンスを求めていました。

嬉しいなー。

青少年の一座関連で、いま話題(?)の横浜でお教化が沢山出来るあの!ご信者さんのお話をお聞きしてきました。

いままで、新聞等で聞いたことがある内容やまたそのほかにもいろんな内容のお話をお聞きすることが出来た。

ルノアールで3時間半ほど時間を頂いてお話をお聞きしたが3時間半全てエキサイティングで圧倒的で、影響を受けました。「がんばらないとな」というよりは「やれる」という希望をもらったような。そんなエネルギーのあるご信者さんです。

この方については8月2日3日の青少年の一座でご披露させていただく予定です。ぜひお参詣させていただきましょう。

GacktとWeb会議がありました。Web会議はこれからどんどんおもしろくなっていくと思う。ていうかむしろ今まですみませんでした。なんていうか、おもしろくみんなで作っていける会議の作り方が、彰勲師のアドバイスで見えてきた気がするんです。じゃんじゃんかっこいい遠妙寺HPを作っていこうと思います。Webチームの皆さんにはまた力を貸していただきたいです。宜しくお願いします。

そうそう。Webについてはホワイトさんがほんと心強くて、先日もいろいろ相談に乗ってもらった。ホワイトさんは柔軟性があってほんと助かる。ありがたいなー。

20日には急遽京都へ行くことになった。全国青年会代表者会議へ参加するためである。京都には全国の青年会の代表の型がじゃじゃーんといらしていて、8月の青少年の一座の奨引のお願いと、内容の説明を行いました。緊張したな。でも席で坪様がうなづきながら見守ってくれていたので、いつもの調子が出せたんじゃないかとおもう。(たぶんね)

全国の青年会の皆さんはすごく前向きで青少年の一座に対して積極的に意見を寄せてくださった。嬉しかった。ガンバらねば。

青少年の一座広報部が作ってくださったプロモーションビデオがすごかった。できがすばらしくて圧倒された。現時点での進行状況と若干時差がある物の、イメージがすごくわかりやすくて、同じ映像をつくるご奉公を指せていただく一人としてすごく衝撃的だったし、やっぱかなわないな・・・と思うとともに、自分も頑張ろう、と思えました。要するに、この数日はいろんな分野の皆さんから元気をもらっている気がする。

由香がお助行にきてくれました。こないだ夜に彰勲師と一緒にご奉公をさせていただいているときに、ちょっとした瞬間に、自分の慢心に気づかせていただくことがあって、早速お助行にきてくれた由香にお話しさせていただいたところ、由香もちょうど「慢心」に関する御折伏の資料を用意してくれていたそうで、本当に御宝前のお導きといいますか、ご縁を感じてびっくりした。

させていただく、という姿勢を忘れていないつもりでいたけれど、「どうか私のような者でもご法の為にお使いください」という思い、姿勢を忘れていたことを教えた頂いた。由香、ありがとうございます。

このご奉公は本当にハードで、いままであまり挫折とかを味わったことが少ない私は(少ないというか忘れている方が多いんだと思うんですが)、自分の力でなんとか出来る、と思ってしまっていたけれど、あまりにも沢山のことがどどーーんと押し寄せていきて、自分の今までの経験の十倍くらいあるんじゃ無かろうかと思えるほどで、不安というか、不安でも忙しさに追われて、悶々としていた訳なんですが、とにかく自分で頑張ることと、御宝前にお願いして自分を使っていただく、お願いしてご奉公を成し遂げさせていただく、ということをいつもおなかにおいていこうと思いました。

夜に彰勲師と青少年の一座のご奉公をさせていただいていたある日。会議室でご奉公をさせていただいていました。ずっとまえに彰勲師と「現在京都周辺で750記念法要やリーダー研修や本山奉仕やいろんなイベントが企画されているが、もしも東京でイベントが行われることがあるのならば、ぜひその企画のご奉公をさせていただきたい。もしも東京で企画をしたならばどんなイベントになるだろうか、すごく楽しみ」という夢を語っていました。そしてその日もそんな夢が叶いつつあること、あの頃夢を語った二人がこうして青少年の一座東京大会で「企画」のご奉公をさせていただいていることを喜び、これは御宝前からのご褒美だとかみしめていたときでした。その会議室のドアを夜遅く、あける人がいました。

それは薫龍師でした。薫龍師はご家族のお見舞いでたまたま東京を訪れていらっしゃり遠妙寺へ立ち寄られたそうでした。私たち遠妙寺青年会にお助行の喜び、御利益の感動を目に見せて教えてくれたその方がまさにそこにいらっしゃった。感激したし、びっくりしました。薫龍師は私に防災グッズをくださって帰られました。

私が5月3日までに作らなくてはいけないリストのひとつに「せかいがもし100人の村だったら」の絵本をもとにしたビデオを作ること、だったのですが、そのイラストを遠妙寺が誇るイラストレーターの一人ゆみちゃんと、ナレーターとして子どものSちゃんにご奉公を頂きました。いい!すごいいい!!!皆さんにお見せするのが楽しみでしょうがないです。

29日に青年会御講があった。体験談は由香とまりこ。由香の子どもあーちゃんのヘルニアの当病平癒のお助行に足を運び続けるまりこと御祈願する由香がすばらしかったので、この二人の体験談を推薦させていただいた。まりこは私がお願いしたとおりのお席にお助行をとり、実行、お参詣させていただく。素直正直にご奉公される。由香とまりこの友情というか、なんともいえない繋がりがこの体験談で現れていた。二人とも泣きながら体験談を発表していた。聞いている私も大泣きである。泣ける体験談、泣ける御講は青年会にとって久々ではないだろうか。しかし、この御講こそが原点であり「御講から弘まる」であり、リピーターが増えるもとなんだと思う。今後もただ体験談を皆さんに紹介していくことが業務的になってしまわないように、感動の御講をプロデュースさせていただく意味で御利益談にどん欲に、プロデュースさせていただこうと心に決めました。そして新入会員歓迎会の動物園。やっぱ動物いいね。ということで食事中のカバ。かわゆすねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »