« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

帰って来ました

帰って来ました
あいつが帰ってきた。

新進気鋭のあのアーティストだ。

***

今日は夜に自彰会館をおかりして、
青少年の一座企画部会議が開催されます。
昨日の乗泉寺、無理にでも出といた方がよかったかな。と少し後悔。

堅裕師からお電話をいただいて、取り急ぎの重要案件を教えていただく。
むむ。
大きなプレッシャーを感じる。
ご祈願&イメトレ!

***

水曜日は納会のMTG。
若い人たちが楽しげに、テンションあげてくれるだけで十分だ。
私の目的は達成である。
MTGの様子はまた後日。

***

あのアーティストは大阪の美術のなにかで大賞をとったそうで、
3日に受賞式があるため2日まで東京にいるそうです。
ビッグになっても自分のルーツである本門佛立宗のご信心は忘れない。
そこが彼のステキなところであり、
彼が活躍できる理由だと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


オーダー裕二

***

助行集計ほぼ完了〜。
でもたぶん、来月半ばくらいまでパラパラ出るだろうけど、
とりあえず完了。

通りすがりのゆみちんありがとうございました。
助行集計つけてると、この人凄いな(すごくお助行に行かれてるな)という方がよくわかります。
もしかしたら票を出していないだけで、もっと回ってる方もいらっしゃるのかもだけど、
とにかくいま出ている資料だけみても「すごい人」がはっきりわかる。

私は弘通部の助行担当だったけど、今年は集計ばかりで、
本来の弘通部助行担当としてのご奉公が出来ていなかったなと、今日集計しながら後悔しました。
まつしたけんさんがコメントくださったようなご奉公に切り替えねば!!


***

明日は青年会お講の後の納会(パーリー)の企画MTG。
楽しみですね。

***

今日あさちゃんからメールをもらいました。
あさちゃんは名古屋のお寺の子で、現在東京在住のため遠妙寺に時々お参詣されます。
が、部活(?)で全国を飛び回っているのでなかなか東京に居ない。
で、帰って来ましたよ〜のメールをいただいたのだ。

連絡くれてうれしいな。

***

ケーブルテレビの中のCMで見たオーダー裕二。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三名様

三名様
三名様みながら爆笑して、
梅干ししまいに席を立ったら、
梅干しを寝室に置いてきてしまいました。

こんにちは。
レゲエ好きのおっさん、ボブです。


まつけんさん、園美さん、コメントありがとうございます。
コメント枠がすごく充実しています。
というか、本文読むよりオススメです。
みなさん、ぜひご覧ください(・∀・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとう

おめでとう
結婚式でした。

***

披露宴で女友達が歌うカラオケを聞いて
初めて泣きました。
良い友達をもったね。

***

結婚式でいつも思うことは、
会社の人や宗外者の友達のことだ。
みんなどう思うんだろうと。
私は個人的に、お寺の結婚式の言上が大好き。
夫婦とは頭が2つで体が1つの鳥がいて、お互いが食べたものが体をやしなうような……
こんな感じの(スミマセン、今度ちゃんと勉強します)言上。
私の説明は最悪ですが、マジで感動するんです。
宗外のみなさんにも、この素晴らしさが伝わっていますように。

結婚式というひとつの機会に、
宗外の方がお寺の土を踏んだり、佛立信者さんとふれあったりする。
私たちはこの新郎新婦のために、この下種の機会を良いものにできただろうかと反省しました。
もっと話しかければよかったな。
覆面のギャグは彼らにどう映ったのだろうか。

***

にしても、ほんと、たくさん泣いた良い結婚式だったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思いでづくり

思いでづくり
思いでづくり

***

いよいよ今日はミユ班長と良尚師の結婚式。
私はいま、すっぴんで山手線に乗りながら更新をしております。
皆さんいかがお過ごしですか。

いいお天気で本当に良かったですね。


***

おとといの夜は弘通部会でした。
私は書記のご奉公をさせていただいたのですが、
年度がかわる大事なときなので、意見がわぁぁと溢れてきて、
どれもすべて前向きで、
遠妙寺の10年後100周年のことを真剣に考えての意見で
私自身すごく元気をもらった感じです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

デルフィーノ

デルフィーノ
ランチでよくいくカフェ。
サラダランチが美味しい。
サラダランチとはいえボリューム満点。
ボウルいっぱいの野菜なのだ。
マヨネーズがダメな私はドレッシングを変えてもらいます。
感じのいい店員さんだと、マヨネーズ嫌いを覚えていてくれてドレッシングを気にしてくれます。
ありがたいなぁ。

***

今日のご法門は、
身の回りに病気や悩みで困っているひとがいたら、
ご信心をオススメしましょう
という事を仰られていました。
迷っている場合じゃないのだ。


***

今夜は弘通部会。

助行集計頑張らなきゃっ!汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探しています

探しています
高祖会のあとに
大津佛立寺青年会の皆さんとの交流。

遠くまでそしてたくさんでお参詣いただいた。
その情熱てすばらしい!
負けていられませんな。

***

高祖会はいつもよりもたくさんのお参詣をいただきました。
けれど目標の600名には全然届かなかった。
お会式プロデュースとしてどうなんだろうかとおもう。
みんなが来たいと思うお会式にまだまだ遠い。
プロデュースしきれていないのだ。

あと、音響と座席について課題が残った。


***

プロデュース部の増員を本格的に考えている。


***


あ、そうだ。
どなたか信興会さんからお借りした茶色い木箱しりませんか。
返さなきゃ!と思いつつのびのびになっている間に行方知れずで…。
ヤバい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土日

土日
二番目の子供うまれたね、おめでとう。

***

土曜日は青年会お講でした。
天気予報では土日雨とのことでしたがチャカイくんが毎日晴天祈願のために、ご祈願カードの奉呈をさせていただき
当日は雨が上がるというご利益をいただかれました。
すごい!
だってずっと降ってたし。

***

翌日日曜日はAブロックのお講でしたが私はBへお参詣させていただいたので
横浜のダイジくんのお宅へお供水さんを届けに行ってきました。
ダイジくんのお宅の前で少しお題目を上げさせていただき、呼び鈴を押しました。
以前リーダー研修の植田お導師の講義で
具合が悪いかたにたいして「具合悪そうですね。大丈夫?」というよりも
「元気そうですね」と声をかけたほうがイイと教えていただいたので(たぶん)
早速実績。
「元気そうだね。良かったよ」
と話しかけました。
というよりも、本当ににこやかでホッペがピンクで
良かった〜。
少し安心しました。
お題目がたくさんつまったお供水さんをいただいて
いつかお助行をうけてくれたらいいなと思います。


***

写真のネコは自宅と駅のあいだにあるネコスポットに住んでるネコ。
後ろ足が「コイコイ」てなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おどろいとります

おどろいとります
お会式終わって月末から月初にかけて
恒例の忙しい期間に突入しているうちに
久々にブログを開いたらたくさんのメッセージをいただいていて
びっくり!そして喜び〜なアーリーです。

メッセージくださった皆さん、ありがとうございました!

***

今月もやっと山場が片付いたので平和な生活に戻ります。

***

先日の幹部会で
ダイジくんのお助行へ行きたいねと話題になった。
よくわからないけど体調が思わしくなく、仕事へは行けていないそうだ。
しかしダイジくんは班長さんがお助行をおすすめしても受けてくださらない…とのこと。

そこで、お助行はまだムリだけとせめてお供水を届けよう!ということになった。
いまは自宅療養だけれど、いつまでもそうしていて良いってもんじゃないと思う。
1日も早く治ってほしい。

だから「行けるときに行く」とか悠長なことでいいんだろうか。
ということで
幹部の五人で順番に一週間に一度お供水をお届けする約束をしました。

押し付けがましいかもしれない。
だけれどダイジくんにお供水をいただいて元気になってもらいたいのだ。


で、11日から17日の一週間が私の担当なので、日曜日張り切って行ってきたいと思います。

お供水さんがきっかけでお助行うけてくれたらいいなぁ。
ダイジくんご利益いただけますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジョウイチおじちゃん

ジョウイチおじちゃん
きくこさん。

清雄寺のご信者さんです。
この方には大変お世話になりました。

一本芯が通っている感じ。


***


先日お導師が教えてくださった。
私の母がお世話になっている岡山のお寺の寺報に、私の叔父、ジョウイチおじちゃんの体験談が掲載されているとのこと。
内容は、カッチャンが入信するまえに車の事故で相手先と揉めていたがお塔婆建立とご祈願で関係が修復したご利益談を聞き
ジョウイチおじちゃんは会社での人間関係で悩んでいたけれど、同じようにさせていただきご利益をいただいた。
というお話でした。

ジョウイチおじちゃんみたいなイイ人でも誰かに恨まれたりシカトされたりするのかと、
世の中何があるか分からないなと思った。
それと、カッチャンの体験談が誰かのお役にたてて良かったと思った。


***


ジョウイチおじちゃんは母の兄弟の一番上で
他の兄弟とは一味違った感じの人だ。

祖父が建てた会社で親族が働くなか、ジョウイチおじちゃんは外の会社でサラリーマンをしていた。
そのせいもあってか、親族が集まっても空気感が微妙に違う人だった。
そういったこともあり祖父母からはなれていたため
ご信心もあまりしていなかったように思う(たぶん)

けどある日、ジョウイチおじちゃんの次男、次郎くんが突然亡くなってしまった。
次郎くんは私と同い年で、たしか中2の春ごろだった。

ジョウイチおじちゃんはもちろん凄く悲しかっただろうし、
おばちゃんも次郎くんの兄弟のかずえちゃんやケンチャンもそして私たちも凄く悲しかった。


けど次郎くんの死をきっかけにジョウイチおじちゃんはご信心ともう一度向き合って
ますますご信心が増進したように感じたんです。
確かに次郎くんとの別れは辛いけど、
あれからすごく変わった。


ジョウイチおじちゃんは私をみるたびに
「次郎も生きとったらこれくらいになっとるんかなぁ」
って言う。
だけどなんだか、辛そうというより清々しく見えるのです。
次郎くんが残してくれたものの有り難さをすごく感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »